ONLINE SHOP

ARTICLE

ヘアオイルとヘアミルクの違いってごぞんじでしょうか?

AdobeStock_104799254

そもそも原料に違いがある!ヘアオイルとヘアミルクの主成分

こんにちは田中 淳です。

このあいだお客様にヘアオイルとヘアミルクの違いについて聞かれました。

他の方も疑問に思っている方もいると思って書かせていただきます!

ヘアオイルとヘアミルク、何が違うってそもそも原料が異なるんです。まずは原料のお話から始めましょう。

ヘアオイルには自然由来と石油由来のものがある

ヘアオイルはその名の通り、油を原料としています。そのオイル成分にも自然由来の植物性ヘアオイルと石油由来の鉱物性ヘアオイルがあります。

植物性ヘアオイル

02231956_58aebfd51a6b2

アルガンオイル(ジョンマスターオーガニック)

植物から採取したオイルがベースになっているものが植物性ヘアオイルに分類されます。古くから世界中で親しまれてきた植物性のヘアオイルは、代表的なもので言えばツバキ油、オリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイルなど。配合量は商品によって違いがあり、ベースにしている程度のものから純度100%のものまで様々ですが、基本的には天然由来の成分ですので髪や頭皮に優しく、敏感肌の人でも安心して使えます。頭皮マッサージなどの地肌ケアにも使えます。

 鉱物性ヘアオイル(ミネラルオイル)

02260702_58b1ff1161426

デイセラムコートオイル(フローディア)

植物性ヘアオイル以外のヘアオイルはほぼこの鉱物性ヘアオイルに分類されます。ベースは純度の高い石油由来の鉱物油。そこに手触りを良くする成分や髪をコーティングする成分などを加えて作られています(石油と聞くと驚いてしまいますが、ワセリンやベビーオイルに含まれる流動パラフィンなどがそうです)。より使用感の良さやヘアケア効果の高さを追求して作られていますので、植物性ヘアオイルに比べて即効性が感じられる、効果が実感しやすいなどのメリットがあります。

ヘアオイルの多くは鉱物性ヘアオイルに含まれるということですね。

ヘアミルクは水と油で作られている

02250816_58b0bee14bd1a

エルジューダエマルジョン(ミルボン)

ミルクの名の通り白濁しているのが特徴です。

  • エタノール
  • グリシン

などの水性成分が主成分になっていますが、そこに植物油などの油分を加えて作られています

ヘアオイルに比べれば油分の配合量はずっと抑えられていますが、ヘアミルクは水と油で出来ているヘアケアアイテムということになります。

また、混ざりにくい水と油を乳化させるため、乳化剤が含まれています。

ヘアオイルの特徴

ヘアオイルは万能タイプ!ダメージガードとしても優秀

まずはヘアオイルのメリットとデメリットを説明します。

ヘアオイルのメリット

・すっとなじんで髪にツヤを出す

使用感としての最大の特徴はなじみやすさ。ヘアオイルをつけた瞬間に髪の毛の皮脂とすっと馴染んで、ヘアオイル独特のツヤ感が出ます。

・高い保湿力

ヘアオイルには植物性と鉱物性があると先述しましたが、特に天然由来の成分のヘアオイルには高い保湿力があります。水分の蒸発や急激な乾燥から髪を保護してくれます。

・熱に強い

実はドライヤーは髪にとってとてもダメージを与える作業。かと言って使用せずに自然乾燥するのも、雑菌繁殖や摩擦、乾燥などのリスクがあるので、正しいのはダメージを最小限に抑えてドライヤーで手早く乾燥させること。髪をコーティングするヘアオイルなら、乾かす前に塗布しておくことでその後のドライヤーの熱から髪を守ってくれます。もちろんヘアアイロンやコテの使用前にも最適です。

・紫外線からガードする

頭は人間の体の中でももっとも太陽に近い部分ですから、髪の毛の紫外線対策も大切です。髪をコーティングするヘアオイルには紫外線から髪を守る効果もあります。

ツヤ、保湿、保護、この3つを同時に行うのがヘアオイル、ということですね。

ヘアオイルのデメリット

悪いところがなさそうなヘアオイルですが、このようなことがあげられます。

使用量に注意が必要

ヘアオイルをつけすぎてしまうとベタつきが出ます。べたっとした使用感が不快なだけでなく、見た目もぺたっとした印象になります。使用する際はつけすぎないよう注意しましょう!

ヘアミルクの特徴

髪の修復、水分補給にヘアミルク!乾燥季節にもおすすめ

続いてヘアミルクのメリットとデメリットです。

ヘアミルクのメリット

うるおいと髪の修復という点で心強いのがヘアミルク。

髪にうるおいを与えてキープする

ヘアミルクにはヘアオイル同様に保湿力がありますが、特にうるおい不足の髪の毛に水分を与える、うるおいをキープするということが得意です。乾燥でパサついた髪や広がりやすい髪にヘアミルクを塗布すれば、早い改善効果が期待出来ますよ。また、空気全体が乾燥しがちな冬などは髪の毛の水分も奪われやすいので、ヘアオイルよりもヘアミルクで即うるおいをあたえてあげることが効果的です。

枝毛などのダメージヘアの補修

パーマやカラーリングはオシャレのひとつですが髪にとってダメージであることも事実です。そういったダメージが気になる人や枝毛ケアをしたい人にはヘアミルクがおすすめです。キューティクルの内部まで浸透し補修してくれます。

伸びが良く軽い付け心地

ヘアミルクはとてもよく伸びるのでロングヘアでも使いやすいヘアケア剤です。また、水の成分が多いヘアミルクは基本的にはさらっとした軽い付け心地。ヘアオイルのオイル特有のテクスチャーが苦手な人やサラサラ髪に仕上げたい場合はヘアミルクをチョイスしてくださいね(とは言っても油分も配合されているので使用量には注意しましょう)。

水分と油分が含まれているヘアミルク。軽やかさを保ちながら乾燥対策ができ、かつ毛髪の内部の修復が出来ます

ヘアミルクのデメリット

ヘアオイルにあってヘアミルクにない、デメリットになります。

ツヤは出ない

オイル特有のツヤはヘアミルクには出せません。油分は含まれていてもヘアオイルほどではないので、ツヤ感のある仕上がりを求める場合は不向きでしょう。

このようにオイルとヘアミルクはそれぞれ特性が違います。

あとは使用する方の髪質や目的、ライフスタイルによって選んでいただければと思います。

次回は髪質やライフスタイルによって合うものをお伝えします。

コメントはこちらから

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

top_salonImg01

1001mille kichijoji

カフェ、ヒーリングサロン併設のトータルビューティサロン、再現性を重視し、お客様と長くお付き合いできるサロン。

>> WEB SITE

>> 予約

top_salonimg02

1002mille kichijoji

大人も子供も楽しめるサロンをテーマに、美容室最大級のキッズスペースを完備。親子と大人スペースが分かれているのでのんびりしたいお客様もリラックスできる。

>> WEB SITE

>> 予約

top_salonimg04

1003mille imabari

吉祥寺で人気のスタイリストが凱旋。再現性と旬のスタイルを提案。地域密着の温かさを持つ、ニューヨークカフェのようなサロン。

>> WEB SITE

>> 予約

top_salonimg03

maison1011 kichijoji

「癒しの詰まった可愛いお家」をコンセプトに個室が3部屋。独自の世界観が体験できボディ、フェイス、ヘッドを植物の力で癒す。

>> WEB SITE

>> 予約

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。