ONLINE SHOP

ARTICLE

[動画と画像で解説]簡単!一癖ある☆可愛いおだんご☆

おだんごヘアアレンジに一手間かけるとこんなこなれ感が出てきます。是非最後までご覧ください!

目次

[簡単!]一癖ある☆可愛いおだんご動画

1.ヘアオイルをつける

髪全体にヘアオイルをつけます。ヘアオイルは全体的にしっかりつけておく事で毛束感が出てヘアアレンジがしやすくなるのでつけていただくことをお勧めします。ストレートヘアの方はワックスをつけてから始めるとやりやすいと思います。

2.耳上の部分をジグザグに分ける

耳上の部分をジグザグに分けて前と後ろで分ける。分けとったら後ろの毛束は後ろに持って行く。先に後ろを結ぶので横の毛はピンか何かで留めておくとやりやすいと思います。

逆側は顔周りの残したい部分だけ取り除き残りは後ろに持って行く。

後ろに持っていった部分を画像の高さくらいで結ぶ。

3.三つ編みをする

結んだ毛先の部分を三つ編みしていきます。

三つ編みをした部分を結ばずにほぐします。ほぐし終わってから毛束を根元に巻きつけます。毛先を結んでから根元に巻きつけた方がやりやすいと思います。

4.おだんごを作る

結んだ毛束を時計回りに根元に巻きつけてピンで留めます。

5.サイドの毛束をねじる

おだんごを作り終わったら、サイドの毛束を縦に2つに分けて後ろ向きにねじります。

途中までねじったらほぐします。ほぐし終わったらまたねじっていきます。

毛先の3分の1を残したところまでねじったらほぐします。

ほぐし終わったらおだんごの根元に巻きつけてピンで留めます。その際毛先のねじってない部分は残してピンで留めます。毛先はピンで留めずほぐして動きをつけておくと可愛いです。

6.ヘアアクセサリーをつける

写真のようにヘアアクセサリーをつけるとより可愛いです。ヘアアクセサリーがない場合はそのままでも大丈夫です。

7.完成

最後に顔周りに残した後れ毛を巻いたら完成です。モデルさんのように長さが長くない方は巻かなくても可愛いと思います。このやり方はおだんごではなくポニーテールや一本結びをするときにも使えるテクニックなので覚えておいてもらうと使える機会が多いと思います。

コメントはこちらから

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

top_salonImg01

1001mille kichijoji

カフェ、ヒーリングサロン併設のトータルビューティサロン、再現性を重視し、お客様と長くお付き合いできるサロン。

>> WEB SITE

>> 予約

top_salonimg02

1002mille kichijoji

大人も子供も楽しめるサロンをテーマに、美容室最大級のキッズスペースを完備。親子と大人スペースが分かれているのでのんびりしたいお客様もリラックスできる。

>> WEB SITE

>> 予約

top_salonimg04

1003mille imabari

吉祥寺で人気のスタイリストが凱旋。再現性と旬のスタイルを提案。地域密着の温かさを持つ、ニューヨークカフェのようなサロン。

>> WEB SITE

>> 予約

top_salonimg03

maison1011 kichijoji

「癒しの詰まった可愛いお家」をコンセプトに個室が3部屋。独自の世界観が体験できボディ、フェイス、ヘッドを植物の力で癒す。

>> WEB SITE

>> 予約

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。