ONLINE SHOP

ARTICLE

[動画と画像で解説!]裏編み込みの可愛い☆ほぐし方

裏編み込みを可愛く立体的にほぐすやり方を紹介します。表編み込みのほぐし方とはちょっと違うのでぜひご覧下さい!

裏編み込みの可愛い☆ほぐし方☆

1.裏編み込みをする

トップの上の毛束を3つに分けます。

左手の毛束を真ん中の毛束の下に通します。

右側の毛束を真ん中の下に通します。

左手で下の毛をすくい、真ん中の毛束の下を通します。

 

下に通した状態はこうなります。

今度は右の根元の毛を救い真ん中の毛束の下を通します。

下に通した状態はこうなります。ここまできたらこのままほぐしていきます。

2.ほぐす(毛束を引き出し立体的に見せる)

途中まで編み込んだらほぐしていきます。矢印の方向に2線引き出します。この際、細く毛束を引き出すのがポイントです。

引き出すとこなります。

次に3線引き出します。1つの網目で2線と3線で合計5線引き出します。表編み込みの場合は1つの網目で4線なので裏編み込みの場合の方が1線多くなります。

逆も同様に矢印の方向に2線引き出します。

 

次も同様に3線引き出します。細くとって引き出して下さい。これを繰り返します。

今まで編み込んだところまで編み込みをほぐした状態はこうなります。

3.また途中まで裏編み込みをしてほぐす

このまま編み込みをまた途中までしていきます。途中まで編み込んだら先ほどと同様に矢印と同様に毛束を細くとり引き出し、ほぐしていきます。

4.下まで編み込み、ほぐす

また下まで編み込んだ後、今まで同様にほぐします。

ほぐした状態はこうなります。

5.ゴムで結び、ゴム隠しをする

全体のバランスを見てほぐします。

6完成

いかがでしたでしょうか。表編み込みと、裏編み込みのほぐし方はちょっと違うので裏編み込みのほぐし方をご紹介させていただきました。表編み込みのほぐし方は「10倍可愛く見える!立体的なほぐし方」をご覧下さい。このほぐし方を知っているのとそうでないのとでは同じヘアアレンジをするのでも全く別物になります!ぜひ覚えて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはこちらから

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

top_salonImg01

1001mille kichijoji

カフェ、ヒーリングサロン併設のトータルビューティサロン、再現性を重視し、お客様と長くお付き合いできるサロン。

>> WEB SITE

>> 予約

top_salonimg02

1002mille kichijoji

大人も子供も楽しめるサロンをテーマに、美容室最大級のキッズスペースを完備。親子と大人スペースが分かれているのでのんびりしたいお客様もリラックスできる。

>> WEB SITE

>> 予約

top_salonimg04

1003mille imabari

吉祥寺で人気のスタイリストが凱旋。再現性と旬のスタイルを提案。地域密着の温かさを持つ、ニューヨークカフェのようなサロン。

>> WEB SITE

>> 予約

top_salonimg03

maison1011 kichijoji

「癒しの詰まった可愛いお家」をコンセプトに個室が3部屋。独自の世界観が体験できボディ、フェイス、ヘッドを植物の力で癒す。

>> WEB SITE

>> 予約

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。